安西叶翔の父の職業は?母や家族構成・プロフィールについても!


日本プロ野球公式戦が終わり残すところ日本シリーズだけとなりましたが、ネット上では早くもポストシーズンについて盛り上がっているようです。

中でも、2022年10月20日17時より行われるドラフト会議では、その目玉となる優秀な選手が大勢いるため話題には事欠かないようです。

そこで今回は『安西叶翔の父の職業は?母や家族構成・プロフィールについても!』と題して、注目株の安西叶翔選手について詳しく調べてみることにしました。

東海地方の高校生投手ナンバーワンの呼び声が高い彼の素顔に迫ります。

スポンサーリンク
目次

安西叶翔の父の職業は?

安西叶翔選手の父の職業に関する情報は今のところ見つかっていません。

安西叶翔選手の父親の名前は真一郎さん。

年齢は48歳(2022年10月時点)

安西叶翔の名前は

「夢をかなえ、かけ上がってほしい」という願いを込めて叶翔と名付けたようです。

安西叶翔選手は常葉大菊川高校の硬式野球部に所属する高校生ピッチャーで、静岡県内の高校野球選手では群を抜いて注目されている選手です。

彼の出身は京都市左京区で中学校までは地元の野球クラブに所属していました。

現在も実家が京都市にあり、彼の父親もそこで暮らしているようです。

安西選手は小学生の頃から野球を始めたようですが、中学時代は軟式野球をしていました。

このことからすれば、野球一筋の「父子鷹」というよりも、安西選手自身の意向によって野球に打ち込んでいたのかもしれません。

安西叶翔の母や家族構成

安西叶翔選手の家族構成については、現在分かっている情報としては、両親と兄、妹がいるようです。

安西叶翔選手の母親も父親同様名前と年齢は分かっています。

安西叶翔選手の母親の名前は訓子さん。

年齢は47歳。

兄弟についての記事は見当たらないため、叶翔選手以外は野球をしているような感じがしませんでした。

叶翔選手の年齢からすれば、両親が50代前半、兄が20歳前後、妹が中学後半から高校前半の学年層ではないかと思われますが、あくまで想像でしかありません。

又わかり次第情報を更新したいと思います。

安西叶翔のプロフィール 

安西叶翔のプロフィールについてまとめてみました。

氏名:安西叶翔(あんざいかなと)

出身地:京都府京都市左京区

生年月日:2004年11月13日

身長:183cm

体重:89㎏

安西選手は小中学校を地元の京都で過ごした後、高校から静岡県菊川市にある常葉大附属菊川高校に入学、硬式野球部に入部しています。

1年生からベンチ入りをするなど、早くから注目され背番号1を任されるなどの活躍ぶりを見せました。

常葉大附属菊川高校は、彼を含んで140km台の球速を誇る投手陣を擁し、静岡県内では甲子園出場の最右翼と称されていました。

しかしながら、途中コロナ禍による主要選手の戦線離脱状態が継続するなど、満足に戦えるチーム状態ではなかったため、惜しくも甲子園出場を逃しています。

それでも、最速150kmのストレートはプロのスカウトの目にもとまり、上々の評価を得ています。

安西叶翔の球歴や成績は?

そんな安西叶翔選手の球歴や成績を、詳しく見てみましょう。

小学校

北白川ベアーズに所属

中学校

岡崎ベアーズに所属(軟式野球)

高校1年生

常葉大附属菊川高校硬式野球部入部。

静岡県秋季大会よりベンチ入りを果たす。

2回戦(対御西高校戦)に先発し2失点完投勝ちをおさめる。

東海大会(初戦の対三重海星戦)に先発し、5回 1/3を4失点で敗戦投手となる。

高校2年生

秋大会よりに投球フォームをサイドスローに転向する。

夏の選手権大会では3回戦(対東海大静岡翔洋高戦)で先発するが敗退。

秋季西部地区大会1回戦(対浜松工高戦)で敗戦投手となる。

高校3年生

夏の選手権予選の初戦(対市立沼津高戦)で先発し8回無失点8奪三振の好投で勝利に貢献。

2回戦では先発として2回無失点3奪三振でコールド勝ちに貢献。

新型コロナ濃厚接触者扱いとなり戦線離脱を余儀なくされる。

復帰後4回戦(対静清高戦)でチームは敗戦。

8月の練習中、中日ドラゴンズのスカウトが見守る中で球速150kmをマークする。

2022年夏大会成績

2試合合計、投球回数10回、被安打5、与四死球0、失点0、奪三振11、防御率0,00

安西選手の武器はサイドスローとスリークウォーターの間ぐらいの位置から

豪快に投球されるストレートで、186cmという大柄な体型から想像できないくらい柔軟でスムーズな投球フォームが特徴です。

他にも、カーブ、スライダーやチェンジアップ、ツーシームなどの多彩な変化球も使え、やや低い位置からリリースされるストレートは、シュート気味の回転もかかり、打者にとっては非常に打ちにくい投球なのだそうです。

まとめ

今回は『安西叶翔の父の職業は?母や家族構成・プロフィールについても!』と題していろいろと調べてみました。

・安西叶翔の父の職業は公表されておらず詳細は不明である。

・安西叶翔の母や家族構成の情報についても未公開であるが、実家のある京都市内で両親、兄、妹がいることが分かっている。

・安西叶翔のプロフィールは、2004年11月13日京都市左京区生まれで、身長186cm、体重89㎏の恵まれた体格をしている。

・安西叶翔の球歴は、小学校から野球を始め、中学では軟式野球に転向し、静岡にある常葉大付属高校入学と同時に硬式野球に復帰、投手として最速150kのサイドスローのストレートを武器に活躍している。

・安西叶翔の成績は、2022年夏の成績で、投球回数10回、被安打5、与四死球0、奪三振11、防御率0,00の堂々たる成績を収めている。

といったことが分かりました。

残念ながら家族の情報は公開されていないので分かりませんでしたが、又情報を入手次第更新します。

安西選手はプロ野球のドラフト候補として、多くの球団が高位での指名をしてくると思われます。

変則的な投球フォームから繰り出すクセのある速球には、どの球団も喉から手が出るほど獲得したがるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次