このページの先頭です

本文へ移動

金属業界へ就職をお考えの人たちに向けたリクルート活動支援サイト

ここからパンくずリストです

ホーム >> マグネシウム | この分野の特長

ここから本文です

マグネシウム

この分野の特長

◎次世代の基幹素材として可能性広げるマグネシウム

産業界が注目する5つの特性。

一歩進んだ軽量化用途のほか、プラスチック代替をにらんだ「薄く、軽く、丈夫な」商品開発、リサイクル対応など、現代人に支持される製品コンセプトを実現できる金属材料です。

    • ●軽量:その比重は約1.8で、鉄の4分の1と実用金属のうち最も軽量
      自動車などの軽量化は省エネルギーやCO2排出の軽減に高く寄与
  • ●強度:プラスチックを上回る曲げ弾性率・引張強さから、より薄くすることができ、部品の軽量化にも貢献
  • ●放熱特性:熱伝導率に著しく優れ、機器内部で発生した熱を外部に効率的に放熱
    その優れた放熱の特性により、液晶プロジェクターにも採用
  • ●電磁波シールド性:デジタル電子機器が発生しやすい電磁ノイズについては、プラスチックにシールドメッキしたものよりも高いシールド性を発揮し、市場の規制をクリアすることが容易
  • ●リサイクル性:再溶解、精錬することによって比較的容易に元の材料にリサイクル可能 リサイクルエネルギーも新材生産の約4%に過ぎず、優れたエコマテリアルとしても有望

◎マグネシウムの用途

大きな可能性で人々の夢に応える金属

今、さまざまな産業において開発競争のテーマとなっている「環境対応」、「軽量・薄型・小型化」への大いなる可能性を持つ金属がマグネシウムです。

●軽量化による省エネルギーに貢献できる金属材料として
自動車部品
●リサイクル性と薄型・軽量化ニーズに応えるマグネシウム合金として
家庭用電気機器・携帯電子部品
●高齢化社会に望まれる軽量・コンパクト化に応える金属材料として
福祉機器
●「化学添加材」「合金添加材」として
化学反応の速度を変化させるための触媒などの「化学添加材」や金属の特性を変化させるための合金製造過程での「合金添加材」にも使用

このページの先頭へ